本気で禁煙したい人の看板を見てあることを思った

以前から禁煙には興味があったのですが、なかなか決意できずにいました。
先日道を歩いていた時に、病院の看板に本気で禁煙したい人がのっているのを見つけました。
これを見た時に思ったことは、タバコを意識しなくなるということが大切だということです。
ほとんどの人が、タバコを意識しなくなる前に諦めてしまいがちです。
タバコを吸わない習慣を身につけるためには、タバコを吸っていた習慣を変えていくしかないのです。
しかし長年にわたって染みついた習慣はなかなか変えられないものです。
やめようと思ってもたばこを吸ってしまうのは、意志が弱いというわけではなく、
やめる準備が整っていないからといえます。
タバコを吸いたい気持ちを我慢するのではなく、吸いたいという気持ちを認めたうえで、
その気持ちと勝負する感覚を身につけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です