本気で禁煙している知り合いががんカテーテルの経験があった

がんカテーテル治療とは、細い管の先端を血管を通じてがん細胞に近づけ、
至近距離から抗ガン剤を注入することで、高い治療効果を期待できるがんの治療方法です。
また、血管を詰まらせる物質を併用することで、より効果を高めることができます。
このがんカテーテルによって、高濃度の抗ガン剤によってガン細胞が満たされ、
周囲の血管からの栄養も得ることができなくなることで、より効果が高くなります。
この治療は、副作用がなく、ガン細胞周囲の血管のみをふさぐことで、
抑制と縮小をはかることができます。
患者にとっては、普段の生活を続けながら、受けることできる治療としてメリットがありますが、
治療後には、禁煙など生活習慣を見直す必要があります。
喫煙は、さまざまな健康障害をもたらすことは多くの人が知っている事実ですが、
喫煙は、一酸化炭素を体に取り込んでしまうため、酸素分圧を下げて、
治療効果を低下させてしまうことにつながりますから、
がんの治療効果を最大限に得るためにも、本気で禁煙に取り組むことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です